女の子が欲しい…産み分けへの興味

私は二児の母で、息子が2人います。

 

そして、次こそは女の子が欲しいという気持ちがあります。

産み分け

 

夫は子ども好きな人で、結婚する前から子どもが欲しいと、ずっと言っていました。

 

「女の子だったら可愛いだろうな?。」とも言っていましたし、夫は三兄弟の長男なので、子どもに女の子がいるというのは憧れがあるのかもしれません。

 

しかし、妊娠6ヶ月で分かったのは男の子。

 

その時は夫婦ともに素直に喜びましたが、第2子の妊娠で男の子だと分かった時、私は複雑な気持ちでした。

 

誰も女の子が良かったとは言っていないのに、夫や義母、親戚の反応が怖く、男の子という事実に喜べない自分がいました。

 

大事な我が子なのに、素直に喜べないなんて。

 

思えば、第二子の妊娠が分かった時から、男か女か、ずっと不安な気持ちを抱えていたように思います。

 

「次はどっちだろうね。」この言葉を、周りからどんなにたくさん言われたことか。

 

それが徐々にプレッシャーになっていました。

 

産み分けをすることが、正しいことなのかはわかりません。

 

今では、兄弟で遊べるし、賑やかで楽しいとも思います。

 

また、神様が「あなたには男の子を育てた方が合ってるのよ」と言ってくれてるのかなとも思います。

 

実際、男の子と女の子では、育ち方、育て方が違うように思います。

 

男の子は勝負ごとに俄然やる気になるし、褒めるとものすごく調子に乗ります。

 

それが彼らの良さでもあるし、笑わせてくれ、毎日を楽しくしてくれます。

 

自分の幼少時代を振り返り、私には男の子が必要だったんだな、とさえ思わせてくれます。

 

それでも、女の子を育ててみたい、その気持ちは消えません。

 

またもし妊娠するならば、やはり女の子を望みますし、男の子が合っていると思っても、男の子だった場合ガッカリすると思います。

 

せっかく生まれてこようとするのに、親からガッカリされるなんて、ひどい話です。

 

そして私自身、自己嫌悪に陥ると思います。

 

第二子の時でさえ落ち込んで涙まで流してしまったのだから。

 

その時の感情には嘘はつけません。

 

第二子を妊娠する際、産み分けをしようとしなかったわけではありません

 

ネットで調べた情報をもとに、排卵日の少し前にタイミングをとる、深く挿入しすぎない、この2点を意識しました。

 

夫にこうして欲しいと頼んだわけではないので、私の独断です。

 

排卵日だと思われる2日前にタイミングをとって出来たのが息子でした。

 

真剣に産み分けをするなら、病院で相談するのが一番かもしれませんが、それで失敗したらと思うと、今はそこまでの勇気はありません。

 

まだまだ迷いがある中で、女の子が欲しいという気持ちだけは強まっています。

 

次は夫とも相談をし、排卵日をしっかりと計算し、できる限りの方法を試してみたいと考えています。

 

そして、もしそれでも男の子だった時、落ち込まないように三兄弟だからこそ楽しめることを探していこうと思います。

 

医学の進歩で、産み分けがより確実になるなら…それでも、神様しか知らない運命に抗うことが本当の幸せに繋がるのか、私にはまだ分かりません。